即日融資を申込む

キャッシングは「できるだけ利息を少なくしてお金を借りたい」と思うのは当然のことで、最近では大手銀行だけでなく、都市銀行や地方銀行、信用金庫などでも扱うようになったので、銀行カードローンも選択範囲が広がったと言えます。
審査に時間がかかるので即日融資はむつかしいと言われていた銀行カードローンですが、以前と比べて即日融資で借りられる銀行カードローンも多くなっています。カードローン比較をしてみても上位にランクインされている場合が多いです。

 

「即日融資でお金を借りる」

即日融資でお金を借りるとき、ほとんどの場合口座振込で、ということになりますが、そのためには契約を終える時間が重要になります。
一部のネット銀行の場合は時間を気にすることはありませんが、一般銀行の口座の場合はおおむね平日の午後2時前後には契約や手続きを済ませておかなければならないので、申込は前日の夜か午前中には申込を済ませる必要があります。

 

申込には本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)が必要になるので、事前に用意しておきましょう。

 

また、ネット銀行や一部の銀行カードローンで即日融資を受ける場合は、事前に口座を持っている必要がある場合もあるので、振込が一般銀行でも可能なのかを調べておきましょう。

 

「休日でも即日融資は可能」

一般銀行の口座振込でお金を借りる場合、銀行の営業時間は平日の午後3時までなのでそれまでに手続きを済ませないと、振込が翌営業日になります。
休みが土曜日や日曜日だけというかたや銀行の営業時間内に契約が終わらないという場合、即日融資でお金を借りたい場合どうすればよいのでしょう。

 

土日や祝日にお金を借りたい場合は、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」や新生銀行カードローン「レイク」、三井住友銀行カードローンなど自行の無人契約機を設置している銀行なら即日融資でお金が借りられます。

 

即日融資で借りる方法は、インターネットから申込をして仮審査までを終わらせておきます。
ほとんどの無人契約機は午前9時から午後9時まで365日営業していますので、仮審査を終えておいて、本人確認書類(運転免許証または健康保険証、パスポートなど)を用意して無人契約機から本審査を受けます。
本審査が終わり、契約が完了すればカードが発行されますので、カードを使って提携ATMからお金を引き出すという方法でお金が借りられるようになります。

おまとめや借り換えは銀行カードローンで

キャッシングを利用しているけれど、「金利が高いので借り換えたい」「複数社からの借入をしているのでひとつにまとめたい」という場合があります。
「借り換え」や「おまとめ」をすることで多くのメリットが生まれます。

 

「借換えやおまとめをするときの注意点」

当然ですが、借入先を決めるときは、現在の利用金利より低いところをえらばなければなりません。
ただ、名前も聞いたことがない消費者金融が銀行並みの金利を提示しているところもありますが、どう考えても銀行の金利で貸せるわけはないのでそういった業者は要注意です。

 

また借り換えやおまとめをすると、新たな返済計画を立てることになりますが、少しでも返済を楽にしたいということから、現在の返済額より少なくしてしまうと返済期間が長くなり、利息を含めた総返済額が今以上に増える場合があります。そうならないためには「返済シミュレーション」を利用して、返済金額をいろいろ変えてみて何度も試してみるのもひとつの方法です。

 

「借換えやおまとめを積極的にアピールしている銀行を選ぶ」

借り換えやおまとめのプランをホームページでアピールしている銀行カードローンがあります。
そういった銀行は当然借り換えやおまとめに積極的で、それらの顧客を増やしたいので、そういった銀行は貸し渋りをしませんし、他の消極的カードローンと比べると、審査に通りやすくなっていると言えます。

 

また、いくつかのネット銀行では、カードローンの申込みやカードローンの返済でポイントが付く銀行カードローンもあります。
金利やその他の条件が同じでなら、ポイントがつくほうがお得感があります。
たとえば楽天銀行スーパーローンのように利用と入会で最大31,000ポイントが付加されるカードローンや、じぶん銀行カードローンは新規申込で10万円以上の利用は最大で10,000ポイントのプレゼント、スルガ銀行カードローンの「Tポイント付きリザーブドプランカード」は30〜1,000ポイントが付加され、返済にも利用できるというようなサービスがあります。

 

「おまとめのメリットとデメリット」

複数社からの借り換えで得られるメリットは
○複数ある返済日を1日にまとめられる。
○新たな返済計画で毎月返済額を抑えることができる。
○金利が低くなることで総返済額が少なくなる。
○返済のみになるので確実に借入残高が減らせる。
というようなメリットが有ります。

 

デメリットとして考えられるのは気を付けなければならないのは、
○おまとめでお金を借りると返済のみになり新たな借入ができなくなります。
○おまとめは総返済額を少なくできるが、借金がなくなったわけではない。
○金利の引き直しをしようと考えている場合、おまとめで借りるとできなくなる。というデメリットもあるので、自分にとって有利になるのかを決めなければなりません。